忍者ブログ
[15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6] [5]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

脱毛(だつもう)は、現象として人もしくはそれ以外の動物に生えている毛の一部ないし全部が抜けてなくなることである。しかし意志とは無関係である疾患の脱毛症や生理現象としての禿げと、意図的に除去する脱毛は異なる性質のものとして理解すべきである。

脱毛症もしくは禿げ

脱毛症(だつもうしょう)もしくはいわゆる禿げ(はげ)とは、加齢や病気などによって、頭や身体の毛が抜け落ちること。ある割合の男性は加齢により自然に髪が少なくなって、いわゆる禿げとなる。これは男性ホルモンのアンドロゲンの働きによるものである。女性でもこのホルモンがわずかに分泌されるため、年をとるにつれて髪の分け目が薄くなり頭皮が見えやすくなることもある。また病的なものを脱毛症と呼び、例として円形脱毛症が挙げられる。また抗生物質などの薬の副作用でも脱毛が起こり、患者に精神的負担をもたらす。主に頭髪において失った毛を補いたい場合、かつらや植毛の技術などが用いられる。そして脱毛の進行を抑えるための育毛剤なども開発されている。脱毛の原因となる皮膚疾患やその他の病気を治療することも重要である。なお、もともと生えていた毛を失う脱毛症に対して、生まれつき発毛がないか、あってもわずかな場合は無毛症(むもうしょう)として区別される。脱毛法

脱毛法(だつもうほう)とは、美の追求、衛生や信仰、日常の手入れを省く、などの理由から、顔を含む身体の毛の一部または全部を意図的に毛根から抜き取ること。ワックス脱毛や針脱毛、レーザー脱毛などの脱毛法が知られている。毛根から抜くのではなく皮膚から出ている部分の毛のみを取り除くことを除毛(じょもう)、かみそりによって剃ることを剃毛(ていもう)と呼んで区別するが、同列に論じられることも少なくない。特に女性の手足や腋などの除毛は一般的で施術数も多い。

 

最近のエステティックサロンでは、レーザー脱毛が日常的に行われているようであるが、基本的には医師免許のない者が脱毛行為をする事は医師法違反となる。 2001年(平成13年)118日付けの厚生労働省医政局医事課長名の「医師免許を有しない者による脱毛行為等の取扱について」では、医師でなければ出来ない行為として以下の3項目を記している。

 

用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を根毛部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為。

針先に色素を付けながら、皮膚の表面に墨等の色素を入れる行為。

酸等の化学薬品を皮膚に塗布して、しわ、しみ等に対して皮膚剥離を行う行為。

脱毛だけでなく、上記の施術を受ける場合は信用のおける施設を選ぶ事が必要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

うぶ毛

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索