忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

化粧のボーダーレス化の要因として以下のような説がある。

 

子供の早熟化

 

近年の女子小学生は初経が11歳前後で月経時期が早まるなど、子供の早熟化が進んでいる。発育がよく小学校を卒業するころには、母親なみに背が高くなっている。小学生の時から茶髪に染めて、化粧をして、ピアスを付け、マニキュアを塗る少女がいる。生理的に当然、性が早熟化して異性への関心も高くなり一昔前の中学生並みになっている。今の小学生は容易にパソコンが使えるため、男女ともインターネットで幼い時から早々とセックス知識をたくさん覚えるようになっている。百円ショップへ行けばおこづかいで簡単にアイシャドウでもコンドームでも買えてしまう時代であり、今では小学生が子どものままでいられる時代ではなく、小学校高学年から思春期が始っているとする指摘もある。

 

その一方で、大人の幼児化も進んでいる。娘に着せ替え人形のようにブランド服を着せて、化粧をさせ、金髪に染めさせ、パーマをかけさせ、ペアルックで姉妹のように振る舞う母親。子供がお小遣いで一つずつ買っていくおまけ付き食品などの商品を、大人の金銭力にものをいわせて大量に買い占める大人買いの親父。最近は外見は大人でも、体だけが成長しただけで精神は子どもが多い。大人にも躾が必要だとする意見もある。

 

男性の女性化

 

近年の男性は自分の容姿に気を遣い、ファッションに関心を持つようになっている。自分をより綺麗に見せようと、眉を剃る男や、エステする男は当たり前、ファッションとしてスカートを取り入れる動きもあり、化粧する男性も今や当たり前になりつつある。外見は男性の姿をしていても、内面は女性化しているとする指摘もある。

 

環境ホルモン

 

有害な環境ホルモンは「女性の早熟化」「男性の女性化」などの影響が出ることが、実験で確かめられ世界中で論争の的となっている。環境ホルモンの危険性に対応が遅れており、環境ホルモンとの関連を調べる必要があると警告している。

 

ジェンダーフリー

 

男だから化粧してはいけないといった、固定的な文化的性差に縛られず、社会的性別役割の押し付け抑圧から解放されて、もっと性別から自由なファッションで生きるべきとする意見もある。

 

情報社会

 

工業社会では、主な仕事は体力を必要とする肉体労働だった。労働者となるのは男性だった。工業社会では、収入がない女性は生活していくために結婚を選ばざるを得なかった。工業社会では男性からのプロポーズを待つのがルールとされ、男性の気をひくために女性が魅力的に化粧することは当然だった。

 

情報社会では、労働から体力が無用となった。逞しい男性は無用となり、女性の体力で労働できるようになり、女性労働者が普及した。

 

情報社会では、男女の性別による違いはなく、性別による役割分担は消滅し、男女ともに同質の労働に従事し、同質の精神を持ち始め、女性からプロポーズをかけることも咎められなくなった。女性の社会進出によって、男性は仕事ができれば外見は関係ないとする従来の価値観が崩壊し、男性も外見を磨くべきとする時代となっている。

 

茶髪も定着

 

20年前は、中高年の白髪染め以外は毛染めはまだ一般的でなく、中高生が髪の毛を染めたりパーマをかけたりすることは校則で禁止され、染めるのは一部の不良のみで、不良でも茶髪はごくわずかだった。

 

しかし、今や男女とも中高生の過半数、大学生とOLの殆んどは茶髪で、サラリーマンにも茶髪が増えており、そして茶髪も低年齢化して今や小学生でもパーマをかけ茶髪に染めるようになっている。今では茶髪が普及、一般化して現代文化の中に定着している。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

妊娠線

妊娠線 予防
 

妊娠線 解消

PR

温泉地の中央に湯畑を中心とした古い風情の温泉街があり、それを取り巻くようにリゾート・ホテルやペンション、大滝の湯や西ノ河原公園やテルメテルメやベルツ温泉センターなどのスパ・温泉関連施設、草津音楽の森国際コンサートホールや草津熱帯圏などの諸施設が位置している。また草津白根山に面して草津国際スキー場がある。

 

町外れには、湯治に来て亡くなった無縁仏が多数ある。明治年間の墓石もあり、効能が広く世間に伝えられていたことが伺い知れる。

 

温泉を用いた医療施設として、群馬大学医学部附属病院草津分院がある。高血圧、喘息、リウマチなどの治療に温泉を使用している。

 

 

内湯めぐり 和風村

うららの湯(うららのゆ) つつじ亭

永楽の湯(えいらくのゆ) たむら

延寿の湯(えんじゅのゆ) 松村屋

お汲上げの湯(おくみあげのゆ) 奈良屋

君子の湯(くんしのゆ) 大阪屋

さい泉の湯(さいせんのゆ) 草津ホテル

たぎちの湯(たぎちのゆ) ひのき亭牧水

玉すだれの湯(たますだれのゆ) ての字屋

万代の湯(ばんだいのゆ) 望雲

弁天の湯(べんてんのゆ) 益成屋

薬師の湯(やくしのゆ) 湯元館

安兵衛の湯(やすべえのゆ) 日新館

龍神の湯(りゅうじんのゆ) 群龍館

若の湯(わかのゆ) 山本館

 

共同浴場

 

草津温泉の共同浴場「瑠璃の湯」

草津温泉の共同浴場「白旗の湯」

草津温泉の足湯

町中に共同浴場が多く存在しており、さまざまな湯が楽しめる。いずれも無料である。ただ今日、日本社会の様々な場面で見られているものと同じ問題で、マナーの問題が取り上げられることが多い。共同浴場名と利用源泉は以下のとおりである。

 

白旗の湯:白旗源泉

巽の湯:湯畑源泉

翁の湯:湯畑源泉

千代の湯:湯畑源泉

長寿の湯:湯畑源泉

白嶺の湯:湯畑源泉

千歳の湯:湯畑源泉

瑠璃の湯:湯畑源泉

睦の湯:湯畑源泉

喜美の湯:湯畑源泉

関の湯:湯畑源泉

煮川の湯:煮川源泉

地蔵の湯:地蔵源泉

凪の湯:西の河原源泉

こぶしの湯:万代鉱源泉

恵の湯:万代鉱源泉

つつじの湯:万代鉱源泉

長栄の湯(旧町営の湯):万代鉱源泉

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

草津温泉

容貌(ようぼう)とは人の顔立ちの事である。

 

類義語に容姿(ようし)があるが、こちらは顔立ちと体つきの双方をさして言う言葉である。又、風貌(ふうぼう)とは顔立ち・体つき・服装・態度などを総合した見た目の事で、顔立ちではなく体つきや服装について主に指す言葉としては姿(すがた)や身なり(みなり)がある。

 

文化によって好まれる容貌は全く異なる。平安時代の絵画に美人として描かれた人間を平成時代の人間が見ると、多くの場合は不細工だと思うであろう。又、同じ時代においても個人によって顔立ちの好みは様々である。現代において自分の顔立ちを気にする人は多く、美容整形を行う人々も少なくない。又、髪型やファッションによっても見た目の容貌は大きく影響される。

 

このように一人一人の容貌が異なっている事が、人間の多様性を生み出している。容貌の差異には遺伝的なものもあれば、年齢や病気によるものもある。

 

近年は、社会の流動化が進み、短期間で人間を判断する必要に迫られる事が多くなった。そのためもあって、人間の価値の判別に容貌や容姿が重視されすぎているとの指摘もある。例えば、アメリカ合衆国では肥満していると自己管理能力に欠けるとみなされ就職に不利だとされる(ただし、この傾向が顕著なのは一般にホワイトカラーに属する職種のみである)。こうした見た目による一面的な判断が人種差別につながる可能性を指摘する意見もある。

 

容貌に差異を与えるもので、遺伝によるものには次のようなものがある:

 

肌の色・肌質

髪の色・髪の太さ

目の色・目の形

鼻の形・高さ

又、ある程度選択可能なものには次のようなものがある:

 

髪型

かつら

化粧

日焼け

タトゥー

眼鏡・コンタクトレンズ

服装(ファッション)とのコーディネート

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

栄養成分
栄養
生活習慣病 予防

歴史

芳香植物の利用は古代にさかのぼるが、精油の製法が確立したのは中世であり、アロマテラピーそのものが提唱されたのは20世紀に入ってからである。また日本への紹介は1980年代以降である。

 

芳香植物の利用

人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきた。エジプトでミイラ作りに植物の香料が用いられていたのは有名な例である。芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきた。今でもそれらは、伝統医学や民間療法として受け継がれている。

 

中世ヨーロッパでは、芳香植物の栽培と利用はもっぱら修道院の仕事であり、植物成分を水や植物油・アルコールに浸出して用いた。一方、イスラム圏ではアラビア医学が発達し、イブン・シーナー(980?-1037?)は蒸留による精油の製法を確立した。アラビア医学は十字軍の遠征などを契機に徐々に西欧にも伝わっていった。

 

ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大した。19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようになった。

 

アロマテラピーの提唱

20世紀初頭、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みが始まった。1920年代初頭、南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であったルネ・モーリス・ガットフォセ(1881-1950)は実験中に手に火傷を負い、とっさに手近にあったラベンダー精油に手を浸したところ傷の治りが目ざましく良かったことから、精油の医療方面での利用を研究し始めた。彼は1928年に研究の成果を学会で発表し、また『芳香療法(原題Aromatherapy)』という本を出版した。

 

フランスの医学博士ジャン・バルネ(1920- )は精油を使った医療を実践して功績をあげ、1964年に『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』を著し(1984年改訂版発行)、アロマテラピーの認知度を上げた。他方、ガットフォセの弟子であるマルグリット・モーリー(オーストリア生まれ、?-1963)は、アロマテラピーを主に美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。

 

このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

子宮筋腫
子宮筋腫 治療
子宮筋腫 手術
子宮筋腫 症状
ボンバーマン

疫学

日本では欧米先進諸国と異なり急増傾向にある。

 

各疾患ごとに増加傾向は異なるが、若い世代を中心に性の開放化が大きく進んだことに、性行為感染症の知識や性教育が追いついていないことが大きな要因といえる。一般に「ピル飲めば生でHして大丈夫」というような言葉にもあるように性行為に対して「避妊」のみにしか知識が普及しておらず「行為感染症の予防」という知識が著しく欠けていることが大きな問題でもある。

 

欧米先進諸国では小中学校時よりコンドームの重要性を徹底して教え込んでおり、欧米の若者の多くは避妊というよりも感染症予防としてコンドームを持っていることが普通ともなってきている。欧米先進諸国では一般に性行為感染症は横ばいまたは減少傾向となっている。

 

また日本の性風俗店では、欧米と異なりいわゆる「本番行為」以外の「手コキ」「スマタ」「ピエロ」「性感マッサージ」等が多く、「本番行為」を行わないことで、ただ避妊さえすればよいという理由でコンドームを使用しないで直接陰部の接触を行うサービスが横行していることも感染の拡大を招いているともいえる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

性感染症



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索