忍者ブログ
[18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

踵(かかと)は、足の裏の最も後(背中側)の部分である。きびすとも言う。また、かかとの下の靴底を厚くするのが普通で、英語のheelからヒールとも言う。これをかかとと言うこともある。

 

骨格的には、下腿の骨と関節によってつながっている踵骨(しょうこつ)に相当する。手では、足の踵に相当する部分に特に固有の名称はついていない。

 

ヒトの踵の皮膚は、全身の中で最も固くて厚い。それは、体重を支えるクッションの役目をしている。

 

西洋では、悪魔には踵は無いとされている。ほとんどのほ乳類では、かかとに当たる部分は歩く際に地上に着かない。アライグマなどかかとを地上につける動物もあるが、これは、二足で立ち上がる際の安定性を増す効果がある。ただし、人のかかとのように目立たない。これは、ヒトではかかとが肥厚していると同時に、土踏まずがあるためにかかとが突出しているからである。これは、ヒトが直立二足歩行をするために発達した構造と考えられる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

アナスイ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索