忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歴史

芳香植物の利用は古代にさかのぼるが、精油の製法が確立したのは中世であり、アロマテラピーそのものが提唱されたのは20世紀に入ってからである。また日本への紹介は1980年代以降である。

 

芳香植物の利用

人類は洋の東西を問わず、植物の芳香を祭祀・儀礼・治療・美容に用いてきた。エジプトでミイラ作りに植物の香料が用いられていたのは有名な例である。芳香植物の利用は世界の各地域で独自に発展し、近代医学が発達する以前の人間の健康を担ってきた。今でもそれらは、伝統医学や民間療法として受け継がれている。

 

中世ヨーロッパでは、芳香植物の栽培と利用はもっぱら修道院の仕事であり、植物成分を水や植物油・アルコールに浸出して用いた。一方、イスラム圏ではアラビア医学が発達し、イブン・シーナー(980?-1037?)は蒸留による精油の製法を確立した。アラビア医学は十字軍の遠征などを契機に徐々に西欧にも伝わっていった。

 

ルネサンス時代には香水が大流行し、精油の生産量が増大した。19世紀にはいると合成香料が出現し、また植物から有効成分だけを抽出して薬剤として用いるようになった。

 

アロマテラピーの提唱

20世紀初頭、科学的な分析・検証の上で精油を心身の健康に応用しようという試みが始まった。1920年代初頭、南フランスのプロバンス地方において、香料の研究者であったルネ・モーリス・ガットフォセ(1881-1950)は実験中に手に火傷を負い、とっさに手近にあったラベンダー精油に手を浸したところ傷の治りが目ざましく良かったことから、精油の医療方面での利用を研究し始めた。彼は1928年に研究の成果を学会で発表し、また『芳香療法(原題Aromatherapy)』という本を出版した。

 

フランスの医学博士ジャン・バルネ(1920- )は精油を使った医療を実践して功績をあげ、1964年に『ジャン・バルネ博士の植物=芳香療法』を著し(1984年改訂版発行)、アロマテラピーの認知度を上げた。他方、ガットフォセの弟子であるマルグリット・モーリー(オーストリア生まれ、?-1963)は、アロマテラピーを主に美容方面に活用できる技術として研究し、イギリスに伝えた。

 

このため、現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがあり、フランス系のアロマテラピーは医師の指導のもと精油を内服するなど、医療分野で活用されている。イギリス系のアロマセラピーはアロマセラピストと呼ばれる専門家によって施されるなど、医療とは区別され、心身のリラックスやスキンケアに活用されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

子宮筋腫
子宮筋腫 治療
子宮筋腫 手術
子宮筋腫 症状
ボンバーマン

PR

疫学

日本では欧米先進諸国と異なり急増傾向にある。

 

各疾患ごとに増加傾向は異なるが、若い世代を中心に性の開放化が大きく進んだことに、性行為感染症の知識や性教育が追いついていないことが大きな要因といえる。一般に「ピル飲めば生でHして大丈夫」というような言葉にもあるように性行為に対して「避妊」のみにしか知識が普及しておらず「行為感染症の予防」という知識が著しく欠けていることが大きな問題でもある。

 

欧米先進諸国では小中学校時よりコンドームの重要性を徹底して教え込んでおり、欧米の若者の多くは避妊というよりも感染症予防としてコンドームを持っていることが普通ともなってきている。欧米先進諸国では一般に性行為感染症は横ばいまたは減少傾向となっている。

 

また日本の性風俗店では、欧米と異なりいわゆる「本番行為」以外の「手コキ」「スマタ」「ピエロ」「性感マッサージ」等が多く、「本番行為」を行わないことで、ただ避妊さえすればよいという理由でコンドームを使用しないで直接陰部の接触を行うサービスが横行していることも感染の拡大を招いているともいえる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

性感染症

下着としては、ランジェリーまたはアウター調インナーに分類される。身生地としては、ランジェリーの場合は、フィット感や肌触りの優れたポリエステル、ナイロン、キュプラなどのトリコットが多いが、セクシーないし繊細なテーストでは、ジョーゼット、チュールネット、サテンなど、「透け感」や光沢感のある素材が用いられる。また、ファンデーションのような補整力を与える場合は、パワーネットも部分的に利用される。アウター調インナーとしては、保温性や吸汗性の高いストレッチ天竺やフライス、リブ、スムースなどが使用される。

 

キャミソール下着のバリエーション

ロングキャミ: 丈が長めのキャミソール。スリップ。

ダブルストラップ: 二組のストラップをもったキャミソール。装飾的。

ひも結び: 前後のストラップが分かれていて、肩口や前で結ぶタイプ。

ホルターネック: 前の左右のストラップを首の後ろで結ぶタイプ。

ブラキャミ: ブラジャー機能をもったキャミソール。肩のストラップの本数を減らしてすっきりさせる。

カップつき: 胸部をカップ成型して、スポーツブラ、ソフトブラ機能の一部を併せもつもの。

胸二重: 胸部をクッション性のある素材で二重にし、ハーフトップ機能の一部を併せもつもの。ジュニア用。

 

キャミソール下着の定義の別説

なお、下着のキャミソールの定義の別説として、丈が短めのミニスリップ全般の意味でキャミソールと呼ぶことがある。この場合、細い肩紐を持たず、身ごろをそのまま上に伸ばしたラウンドタイプのミニスリップもキャミソールに含まれる。他方、キャミソールトップラインをもっていても丈の長めのロングキャミソールは、スリップに分類される。商品をキーワード検索する際には注意が必要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

キャミソール

肺炎の分類

肺炎の分類としては、いくつかの異なった分類が存在する。

 

大きく分けて

 

原因による分類

罹患場所による分類

発生機序による分類

病変の形態による分類

などがあげられる。

 

原因による分類

感染性肺炎

細菌性肺炎

ウイルス性肺炎

非定型肺炎

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマによる肺炎。潜伏期23週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部レントゲン写真は特徴的な所見を示さず、ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日掛かるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。抗生物質は、マイコプラズマが細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系やアミノグリコシド系等の細胞壁合成阻害薬ではなく、ミノサイクリンを第一選択薬とする。

クラミジア

真菌

原虫

寄生虫

機械的肺炎

誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)

閉塞性肺炎

吸入性肺炎

薬剤性肺炎

インターフェロン

抗癌剤

漢方薬

症候性肺炎

膠原病性肺炎(リウマチ肺が代表)

 

罹患場所による分類

市中肺炎:普通の生活のなかで発症した肺炎

院内肺炎:病院で治療中の患者、他の疾患を持つ患者に発症した肺炎

 

病変の形態による分類

肺胞性肺炎

間質性肺炎

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

肺炎

日本において、おふくろの味と称されるものは、高度経済成長以前の日本人の生活に根ざしたものである傾向が見られる。おふくろの味に似た概念は世界各地に見出される。いずれも郷土料理や国民食とも呼ばれるものであるが、日本では世界各地の郷土料理やそれの改変料理が家庭料理として食卓に上っており、それら料理は様々に姿を変え個々の日本人の食生活に於いて「好物」などの形で受け入れられている。

 

その一方で、日本が経済的な豊かさを謳歌したバブル景気以降、インスタント食品や冷凍食品・レトルト食品といった簡便で半調理済みの食材が家庭の食卓に浸透、食卓のアメリカ化とでも呼ぶべき現象も見られる。ただこの「食卓のアメリカ化」は見た目が豪華になった半面で、地域色や季節に於ける変化に乏しいものともなってしまい、ここでアンチテーゼ的に「おふくろの味」が見直される現象が発生し始めている。

 

バブル景気以降の日本では、こういった素朴な料理に回帰する需要にあわせ、「おふくろの味のような料理」を提供する飲食店も増加する傾向も見られ、これらは都市部を中心に素朴な料理を提供している。またこういった需要はコンビニエンスストアの弁当にまで見出せ、従来よりの若者向けに味が濃くボリュームのある弁当のほかに、炊き込み御飯や郷土料理といった伝統食に回帰した弁当も販売されている。

 

コンビニエンスストアの変化は高度経済成長以降に進行した核家族化に加え少子高齢化や独居老人の増加にも関連し、団塊の世代という2000年代以前には未開拓であった市場への対応でもあるが、出来合いの料理に慣らされ、こういった素朴な料理が珍しい若い世代にも、これらの料理・弁当などに関心を示す者も見られないではない。グルメブームの一端としても、こういった郷土料理に関心を示す層が見られる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

痩身エステ



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索