忍者ブログ
[40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32] [31] [30]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本において、おふくろの味と称されるものは、高度経済成長以前の日本人の生活に根ざしたものである傾向が見られる。おふくろの味に似た概念は世界各地に見出される。いずれも郷土料理や国民食とも呼ばれるものであるが、日本では世界各地の郷土料理やそれの改変料理が家庭料理として食卓に上っており、それら料理は様々に姿を変え個々の日本人の食生活に於いて「好物」などの形で受け入れられている。

 

その一方で、日本が経済的な豊かさを謳歌したバブル景気以降、インスタント食品や冷凍食品・レトルト食品といった簡便で半調理済みの食材が家庭の食卓に浸透、食卓のアメリカ化とでも呼ぶべき現象も見られる。ただこの「食卓のアメリカ化」は見た目が豪華になった半面で、地域色や季節に於ける変化に乏しいものともなってしまい、ここでアンチテーゼ的に「おふくろの味」が見直される現象が発生し始めている。

 

バブル景気以降の日本では、こういった素朴な料理に回帰する需要にあわせ、「おふくろの味のような料理」を提供する飲食店も増加する傾向も見られ、これらは都市部を中心に素朴な料理を提供している。またこういった需要はコンビニエンスストアの弁当にまで見出せ、従来よりの若者向けに味が濃くボリュームのある弁当のほかに、炊き込み御飯や郷土料理といった伝統食に回帰した弁当も販売されている。

 

コンビニエンスストアの変化は高度経済成長以降に進行した核家族化に加え少子高齢化や独居老人の増加にも関連し、団塊の世代という2000年代以前には未開拓であった市場への対応でもあるが、出来合いの料理に慣らされ、こういった素朴な料理が珍しい若い世代にも、これらの料理・弁当などに関心を示す者も見られないではない。グルメブームの一端としても、こういった郷土料理に関心を示す層が見られる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

痩身エステ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索