忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下着としては、ランジェリーまたはアウター調インナーに分類される。身生地としては、ランジェリーの場合は、フィット感や肌触りの優れたポリエステル、ナイロン、キュプラなどのトリコットが多いが、セクシーないし繊細なテーストでは、ジョーゼット、チュールネット、サテンなど、「透け感」や光沢感のある素材が用いられる。また、ファンデーションのような補整力を与える場合は、パワーネットも部分的に利用される。アウター調インナーとしては、保温性や吸汗性の高いストレッチ天竺やフライス、リブ、スムースなどが使用される。

 

キャミソール下着のバリエーション

ロングキャミ: 丈が長めのキャミソール。スリップ。

ダブルストラップ: 二組のストラップをもったキャミソール。装飾的。

ひも結び: 前後のストラップが分かれていて、肩口や前で結ぶタイプ。

ホルターネック: 前の左右のストラップを首の後ろで結ぶタイプ。

ブラキャミ: ブラジャー機能をもったキャミソール。肩のストラップの本数を減らしてすっきりさせる。

カップつき: 胸部をカップ成型して、スポーツブラ、ソフトブラ機能の一部を併せもつもの。

胸二重: 胸部をクッション性のある素材で二重にし、ハーフトップ機能の一部を併せもつもの。ジュニア用。

 

キャミソール下着の定義の別説

なお、下着のキャミソールの定義の別説として、丈が短めのミニスリップ全般の意味でキャミソールと呼ぶことがある。この場合、細い肩紐を持たず、身ごろをそのまま上に伸ばしたラウンドタイプのミニスリップもキャミソールに含まれる。他方、キャミソールトップラインをもっていても丈の長めのロングキャミソールは、スリップに分類される。商品をキーワード検索する際には注意が必要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

キャミソール

PR

肺炎の分類

肺炎の分類としては、いくつかの異なった分類が存在する。

 

大きく分けて

 

原因による分類

罹患場所による分類

発生機序による分類

病変の形態による分類

などがあげられる。

 

原因による分類

感染性肺炎

細菌性肺炎

ウイルス性肺炎

非定型肺炎

マイコプラズマ肺炎

マイコプラズマによる肺炎。潜伏期23週間。統計は、院内肺炎ではなく市中肺炎が多い。検査は、血液検査では寒冷凝集反応や抗マイコプラズマ抗体の上昇を見る。胸部レントゲン写真は特徴的な所見を示さず、ルーチン検査の喀痰培養検査でも検出できないので参考にならない。診断は、抗マイコプラズマ抗体の上昇で確定診断になる。治療は、抗マイコプラズマ抗体が上昇するまで数日掛かるため確定診断を待ってから治療するのでは遅いので、寒冷凝集反応から経験的治療に基づいて化学療法を行う。化学療法は抗生物質を用いる。抗生物質は、マイコプラズマが細胞壁を持たないのでβ-ラクタム系やアミノグリコシド系等の細胞壁合成阻害薬ではなく、ミノサイクリンを第一選択薬とする。

クラミジア

真菌

原虫

寄生虫

機械的肺炎

誤嚥性肺炎(嚥下性肺炎)

閉塞性肺炎

吸入性肺炎

薬剤性肺炎

インターフェロン

抗癌剤

漢方薬

症候性肺炎

膠原病性肺炎(リウマチ肺が代表)

 

罹患場所による分類

市中肺炎:普通の生活のなかで発症した肺炎

院内肺炎:病院で治療中の患者、他の疾患を持つ患者に発症した肺炎

 

病変の形態による分類

肺胞性肺炎

間質性肺炎

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

肺炎

錐体神経のうち、青錐体系の異常(3色覚異常)により発生する。先天的な青黄色覚異常は非常に稀。正常色覚者でも青錐体の数は少なくそこからの情報は補助的にしか利用していない※1ので、生活上の不便は全くといっていいほど無い。検査※2で発見されないかぎり本人も周囲の者も気づかないことが殆どである。

 

強度の青黄色覚異常の場合、かすかに緑がかった黄色と青紫色が中性点(無彩色に見える点)となる。だが、赤緑色覚異常での中性点(大雑把に赤と緑だが、厳密には第1色覚と第2色覚で微妙に異なる)が、日常的に同明度で区別を要する状況が頻出するのに対し、黄色と青紫が同明度で使われることはまずあり得ない(同明度の黄色と青紫は、一般的にいう藤色と黄土色の関係であり、普通の黄色と青紫では白と黒ほど明度が違って見えるので区別できないことは事実上ない)。また、緑と青の区別も難しいが、正常者でも青と緑は区別しない傾向にあるので、周囲の者も気づかないというだけである。逆に赤緑色覚異常の者にとっては、青と緑はまったく違う色に見え、正常者が区別しない傾向にあることを不思議に感じることが多い。逆に言えば、「正常色覚」は青と緑の判別力が相対的に弱いといえる。

 

一方、後天的な色覚異常としては青黄色覚異常が多い。青錐体は元々数が少ないため障害を受けると能力の低下に直結するためである。この場合は先天性の場合と違って以前の色覚の記憶があるため本人に自覚がある。

 

1:そのため画像圧縮でも青色情報には少ない情報量しか割り当てられない。赤や緑に比べていい加減な再現でも人間の眼には違いが分かりにくいからである。

2:学校でかつて全員に行われていた色覚検査は赤緑色覚異常の検出のためのものであり、青黄色覚異常は検出できない。そのため検査で発見される機会も少ない。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レーシックの歴史

脱毛エステに行く

結婚式

爪化粧料のマニキュアは「ネイルエナメル」「ネイルカラー」「ネイルポリッシュ」、あるいは単に「カラー」などと呼ばれる。 市販のものは数ミリリットル入りの非常に小さなビンで売られることが多い。フタの内側には刷毛があり、マニキュアを爪に塗布することができる。 その際に刷毛が持ちやすいよう、フタはビンに対してやや大きく細長い。

 

原料および製造法は工業用などのラッカー塗料とほぼ同様で、ニトロセルロースなどの合成樹脂を着色し有機溶剤に溶いたものである。 塗料と同様に無数の色を作り出せ、製造の過程でパールや大小のラメなどを原料に混ぜ込めばきらきらとした光沢や多様な質感が出せる。パール系の光沢は現在では合成パール色素が多いが、タチウオの体表面の成分、魚燐粉が用いられているものもある。

 

使用中および乾燥までは、有機溶剤による刺激臭を発する。そのためマニキュアを扱う場所では換気を徹底し火気を遠ざけなければならない。 濃度が濃すぎる場合は専用のうすめ液を用いて調節する。うすめ液を用いた後はその蒸発によってビン内の圧力が上がり割れてしまうことがあるため、ビンをいっぱいにせず、上部に空間を空けておくように注意する。

 

塗ったマニキュアを落とすときは除光液(エナメルリムーバー)を用いる。脱脂綿に含ませた後、マニキュアを塗った表面に湿布をするようにのせ、少しの間を置きふき取る。 除光液の成分はアセトンなどであるため、使いすぎると爪を黄変させ傷めることがある。 なお、子供用のマニキュアでは、簡単に水で洗い落とせたり塗装膜をはがせる製品もある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

レインブーツ

原因

主な原因は、深爪・合わない靴(特に幅の狭い靴・ハイヒール)・外傷である。

 

合併症

血管拡張性肉芽腫 爪の圧迫により皮膚の軟部組織が傷ついてできる。

蜂窩織炎 軟部組織の傷より細菌が入り、皮膚内部で感染を引き起こす。

 

治療

爪下にガーゼやフィルム挿入し、爪を浮き上がらせる保存的治療。

テーピング

フェノール法

手術

これらのほか、近年では皮膚を切らずに行う安全な巻き爪矯正やケア法などもある。 (下記の「#関連項目」の「巻き爪」参照)

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

巻き爪



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索