忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バイオインフォマティックス、生化学

DNAの読みとり自体は、ゲノムプロジェクトがある程度行っているので、バイオインフォマティックスのようなシークエンスデータベースを相手にした研究をする人間も出てきている。 (もともとは、タンパク質を精製し解析するより、PCR>>シークエンス に持ち込んだ方が未知のタンパクの同定が早い、という1990年代の事情を反映した用語である。)

 

タンパクを扱っていた生化学は、一時は、いわゆる"衰退産業" 扱いとなり、「DNA解析さえすれば "全て" がわかるのだ」という風潮があった。だが実際には、DNAの塩基配列から判るのはあくまで、タンパク質のアミノ酸配列(:ポリペプチド) の情報のみである。さらに、現在ではDNAのメチル化やアセチル化、タンパク質のユビキチン化やリン酸化、多糖類、脂質などによる修飾がその機能に寄与していることが明らかにされてきていることにより、また生体内でのタンパク質の性質や相互作用を理解する上でも、依然、生化学的手法による解析は重要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

シックハウス 対策

PR

金髪(きんぱつ、ブロンド、英: 男性形Blond/女性形Blonde)とは、赤毛と同様に、少量のユーメラニン色素の存在と、比較的多量のフェオメラニン色素の存在により特徴付けられる、各種の哺乳類に見られる金色を帯びた体毛である。金髪の色は明るい茶色から薄い金色までの範囲に及び、これらの様々な金髪に属する髪の色を持つ人間は、地球上の全人口の1.8%未満である。

 

実際に表面に現れる金髪の色は様々な要因に依存するが、色素の不均衡と不足によりもたらされるペール・ブロンドから、珍しい金髪である赤色を帯びたストロベリー・ブロンド(ジンジャーとしても知られる)や、多くのユーメラニン色素を持つ茶色を帯びたゴールデン・ブラウニッシュ・ブロンドまで、常にある種の黄色に近い色を帯びている。赤毛の髪が最も太い毛髪を持つのに対し、本物の金髪は最も細い毛髪を持っている。金髪は、人間と、犬や猫、その他の哺乳類の間で見られる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

エルセーヌ

医学における解剖の種類

医学の現場では、目的が異なるいくつかの解剖が行われる。

 

正常構造の教育・研究のための解剖

上記の肉眼解剖学に相当し、特に系統解剖学と呼ばれる(系統は全身の意)。主に学生の教育のために、大学医学部、歯学部、防衛医科大学校の解剖学の教育担当者の指導の下に行われる。解剖に用いる遺体は、日本ではそのほとんどすべてが献体制度により、本人の遺志および遺族の同意に基づいて提供された遺体が用いられている。遺体は、ホルマリン、アルコール等により、あらかじめ固定・防腐処理されており、学生は数週間~数ヶ月をかけて解剖実習を行う。

 

系統解剖学の分類

骨学(osteology,osteologia)

靱帯学(syndesmology,syndesmologia)

筋学(myology,myologia)

内臓学(splanchnology,splanchnologia)

感覚器学(aesthesiology,aesthesiologia)

脈管学(angiology,angiologia)

神経学(neurology,neurologia)

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

シックハウス 症候群

治療法・対策

現在では、発症した際に、症状を抑える方法としては自然療法しか無い。この症状の性質上、薬の処方が難しいためである。

 

軽度の症状者(「起きてはいられるものの、頭痛や目眩がする、目などの一部が痛い(痒い)」など)には次のような日常生活の改善方法がある。

 

換気を頻繁に行い、有害物質を屋外に排出する。また化学物質の発生源となるものを室内に持ち込まない。

減農薬・無農薬の食材を用いた食事を摂るとよいと言う人もいる。しかし、食事の質に神経質になるため栄養のバランスが悪くなり、逆に体調を崩す場合もあり得る。

なるべく汗を流すようにする。(走るなどの運動をする。)

家具なども合板製品ではなく、天然木材の製品に替える。家の新築や改築の際には、有害な化学物質を放出しにくい素材を用いる。(合板に用いられる接着剤が原因となる場合がある)

花粉症用のマスクや、実験用グラス(メガネ)を着用し、化学物質から身を守る。(目や鼻から化学物質を摂取しやすい為)ただし、粒子状物質には効果があるが、ガス状物質には基本的に効果が期待できない。

合成洗剤を全てせっけんに替えるなど、肌に触れるものへの対策を行う。毛髪用の染色剤は強力な溶剤を含んでいるため過敏症の原因になりやすいとする指摘もある。

ただし、これらの方法は効果が保証されているものではなく、人工の物質よりも天然の物質が常に良いとも限らない。やみくもに化学物質の使用を制限するよりも、原因物質を特定し、有効な対策を講ずることが重要である。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

シックハウス

http://motteke.269g.net/

http://i-love-money.269g.net/

http://kowakunai.269g.net/

http://many-life.269g.net/

http://kinyuu-no-shima.269g.net/

 

歴史

QOLに対する取り組みは医療の歴史とともに発展してきた。医療は人を見るものであり医学は病気を見るものだとする考え方があったが、医療も科学的側面が強くなり、「病気は治ったが患者は死んだ」という状態が問題となった。そのアンチテーゼとして医療の質を高める事を目的として、QOLと言う考え方が提唱されてきた。 QOLは極論すれば、「生命活動を行うに値する命」を重要とし、それ以外の命を否定する側面を持つ。

 

これに対し、従来よりSOLSanctuary of Life…生命の尊厳、と訳される)の概念が平行して存在しており、「人は受精した瞬間から人である」という概念を持ち、「生きるに値しない命はない」ことを主題とする。 そのため、たとえば人工中絶においては、SOLでは人工中絶を否定するが、QOLでは許容する。 また、たとえば植物状態に陥った人間に対しては、SOLでは生存させることを許容するが、QOLでは生存を否定する。 SOLQOLのこの種の対立はしばしば人権問題や生命倫理とも絡みながら議論されることがあり、医療関係者や専門家においても意見は分かれている。 歴史的にはSOLの概念がより古い。

 

QOLは、近年重要性を増してきている医療の目標のひとつである。がんをはじめとした疾患の治療において、従来は治療効果を測る基準が生存期間(5年生存率など)のみであった。死亡数を減らすことが重要なのには現在も変わりないが、生存期間の長さに加えて質も重要な治療効果であると考えるのが近年の流れである。

 

QOLが考慮される場面は様々であり、

 

治療法の選択(乳房を切除するか否かなど)

症状への対応(鎮痛など)

これらの状況でのQOLを定量的に評価する方法(感性制御技術など)や、治療法ごとのQOLへの影響の度合いが研究されている。

 

特に、治癒の期待できない終末期医療では生存期間を伸ばすことに大きな意義はなく、QOLの維持向上こそが治療の目的となる。特に、痛みなどの症状軽減を目的とした医療は緩和医療と呼ばれる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

美容整形



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索