忍者ブログ
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく)は、短時間に多量のアルコール(エタノール)を摂取することによって生じる中毒である。急性アルコール中毒の症状は血液中のアルコール濃度に比例する。

 

アルコールは脳を麻痺させる性質を持っている。アルコールを摂取すると麻痺は大脳辺縁部から呼吸や心臓の働きを制御する脳幹部にまで進み、最終的には生命維持にかかわる脳の中枢部分までもを麻痺させてしまい、呼吸機能や心拍機能を停止させて死に至る。

 

血中アルコール濃度が0.4%を超えた場合、12時間で約半数が死亡する。急性アルコール中毒患者の45%は20代の若者で、2/3が男性、1/3が女性である。

 

上述のように*急性アルコール中毒(きゅうせいアルコールちゅうどく)は、エタノールによる脳の麻痺が原因であり、その症状は摂取したエタノールの量と血中のエタノール濃度に比例する。

 

一般的に、エタノールの体内での代謝過程で生成されるアセトアルデヒドの、(アセトアルデヒド脱水素酵素による代謝能力の差からくる)、フラッシング反応の有無を指し「お酒に強い体質」と「お酒に弱い体質」と定義する場合がある。しかし急性アルコール中毒の発生は、この「お酒に強い体質」と「お酒に弱い体質」とは関係がない。あくまでも血中のアルコール濃度、つまり飲んだアルコールの量に比例し、誰でもが陥る急性中毒である。

 

通常、飲酒すると「ほろ酔い期」「酩酊(めいてい)期」「泥酔期」「昏睡期」という順で、徐々に血中アルコール濃度が上がるので、本人も酔ってきたという自覚がある。また、飲みすぎると足元がふらつく、吐き気がするなどの症状も出るので、自分自身である程度は飲酒量をコントロールできる。しかし、飲酒開始から血中アルコール濃度の上昇までには時間差があり、血中アルコール濃度がピークに達するには飲酒後3060分の時間がかかる。このため、短時間で大量の酒を飲むと、酔っているという自覚なしに危険な量のアルコールを摂取してしまうことがある。この場合、「ほろ酔い期」「酩酊期」を飛び越えて一気に「泥酔期」や「昏睡期」に到達してしまう。

 

飲み始めてから1時間以内に泥酔状態になった場合、および酒量として、1時間に日本酒で1升、ビールで10本、ウイスキーでボトル1本程度飲んだ場合は急性アルコール中毒を疑い(生命にかかわる危険があるので)すぐに救急車を呼ぶべきである。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

エステサロン

エステ

PR

内臓肥大(特にここ10年内は、薬物の影響で内臓肥大が進行し、腹部が極端に隆起肥大しているトップビルダーも珍しくなくなった。あまりにも酷いのでIFBBは内臓肥大による腹部の隆起を減点対象とする採点法に変更した。)

頭髪の脱毛(個人差がある)

体毛が濃くなる

変声(低音化)

女性化乳房(通常ノルバデックスにて防止する)

睾丸の縮小、異化

動脈硬化

高血圧

ある種の癌(アナボリックステロイドと白血病の因果関係は事例では相当数に上る)

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

うすくれないの美容日記  blomic  a to z blog





「ヨーガ」という言葉

ヨーガ Yoga は、「馬にくびきをかける」という意味の動詞「yuj」から派生した名詞である。つまり語源的に見ると、馬を御するように心身を制御するということを示唆しているようである。

 

「ヨガ」と発音する人がいるが、サンスクリットで「O」(オー)の字は、常に長母音なので、「ヨーガ」が正しい。ただ日本語の長母音はサンスクリット語の三倍母音なので長くのばしすぎるのも問題である。インド人の発音を聞くとヨゥガと言っているように聞こえる。修行者はヨーギー(ヨーギ、Yogi)、女性の修行者はヨーギニー (Yogini) と呼ばれる。

 

仏教においては元のサンスクリットを漢字で音写して「瑜伽」(ゆが)と呼ぶか、あるいは意訳して「相応」とも呼ぶ(詳細は「瑜伽」の項参照)。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ビリーズブートキャンプ 高橋ミカ



毛抜き(毛抜, , けぬき)とは、体毛を挟んで引き抜く道具。 毛を抜く行為や動作の類似性から派生して、印刷分野では「抜き合わせ処理」、経済分野では株価の変動状態を表す。 笹巻き毛抜き寿司は「毛抜き」とも呼ばれるが、この語源に関してはいくつかの説がある。

 

毛抜きが登場するフィクションとしては、歌舞伎十八番のひとつ、『毛抜』が知られている。

原義:道具

毛抜き(けぬき)は、ヒゲ・眉毛・毛髪等の毛を抜くための道具の一つでピンセットの一種に分類される。古くは鑷、鑷子とも書いた。和名類聚抄には毛抜きの別名として「鼻毛抜き」が挙げられている。ただし、細かいものをつまむためのピンセットとは異なり、先端部分は幅広く接触面が平らになっており、毛を掴んで引き抜くことに特化されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

エステサロン てもみん

エフェドラ

エフェドラは本来は漢方薬として、呼吸器疾患の治療に用いられた麻黄の薬効成分で、エフェドリン由来のものである。1980年代頃より、興奮作用によって消費カロリー量を増やす効果が知られるにつれ、ダイエット薬として米国を中心に流行し始めた。しかしこれらを服用して運動する事により、熱中症で死亡する例は後を絶たず、20041月には米国食品医薬局が販売禁止を決定する事態に至っている。なお、厚生労働省からも勧告が出ている。

 

マイナスイオン

マイナスイオンの項目を参照。マイナスイオンと健康の因果関係に科学的立証は一切無い。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

ビリーズブートキャンプ



忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索