忍者ブログ
[2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

食餌療法(しょくじりょうほう)とは、食事の成分・量などを調節することによって、病気の治療をはかり、あるいは病気の臓器を守り健康管理をはかること。糖尿病・腎臓病・高血圧症などで行われる。

 

「餌」が当用漢字外の字であることから、食事療法と書き換えられることがある。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

エステサロン

PR

神経性無食欲症(しんけいせいむしょくよくしょう、anorexia nervosa: AN)は精神疾患のうち、摂食障害の一種である。一般には拒食症(きょしょくしょう)とも言われる。若年層に好発し、ボディ・イメージの障害(「自分は太っている」と考えること)、食物摂取の不良または拒否、体重減少を特徴とする。神経性食欲不振症、神経性食思不振症とも言う。
(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より



<おすすめ>


英文校正

わが国における美容外科の歴史において、美容外科が正式な医療行為であるとの認知に比較的時間がかかったのは、それが健康な身体に外科的侵襲を加える行為であるのに対して、安全性が確立されていなかったことが一つの大きな要因としてある。 実際、初期の美容外科治療においては、豊胸術や顔の若返り術と称して、皮下に直接ゲル状のシリコンを注入し、合併症を引き起こしたり、隆鼻術と称して解剖学的に無謀なプロテーゼ(シリコン樹脂を板状に加工したもの)の挿入を試み、プロテーゼが後年に皮膚を突き破って出てくる症例などが散見された。しかし、近年では、医師が正しい解剖学的知識を習得できる機会が増えたことや、医療技術の進展により、美容外科手術の安全性は飛躍的に向上してきている。

 

さらに、従来では、美容手術といえば侵襲性(invasive)のあるもの=身体をメス等の医療器具で直接的に侵す外科的手術が一般的であったが、近年では技術の発展により、皮膚に塗布するだけで一定の効果が得られる薬品(例:レスチレンジェル)や注射するだけで効果のあるもの(例:ボトックス・ヒアルロン酸)といった低侵襲性の手術が一般化している。これらは、その侵襲性の低さと同時に「注射するだけ」「塗るだけ」といった単純な施術であるために危険性が少なく、臨床経験の少ない医師でも容易にとりいれることができるため、特にアメリカ大陸の美容医療界では爆発的に広まった。近年ではナノテクノロジーや遺伝子技術を利用した技術も研究されている。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

<おすすめ>

ラ・パルレ へは

 25日午前0時45分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町1の9階建て雑居ビル「ナインティー新宿ビル」8階の「エトワール美容外科」から出火、鉄筋コンクリート建ての同階約85平方メートルを全焼した。

同ビルの1~3階はドーナツ店、4階以上は会社事務所やネイルサロンなどが入っていたが、出火当時、ビル内は無人だった。警視庁新宿署で出火原因を調べている。

 現場は、JR新宿駅東口から約300メートルの靖国通りと区役所通りの交差点。周辺は未明まで営業する飲食店などが並ぶ繁華街で、黒煙を見上げる通行人らで一時、騒然とした。

2007年4月25日11時19分  読売新聞)

<おすすめ>
エステ・キューズ へは

 天皇、皇后両陛下主催の「春の園遊会」が26日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、各界の功労者約2000人が出席した。

 天皇陛下は、先月25日に能登半島地震に見舞われた石川県の谷本正憲知事に対し、「被災者の人たちの健康はいかがですか」と気遣われ、谷本知事が「保健師を常駐させて健康面のケアをしっかりやっていきたいと思っています」と答えると、陛下は「どうぞ体を大事に。よろしく務めて下さい」と激励された。

 また、陛下から声を掛けられた小説家の瀬戸内寂聴さんが、健康が回復された皇后さまについて「お元気なようで、ようございましたね」と話すと、天皇陛下は「ありがとう」と答え、瀬戸内さんの最近の小説についても会話を交わされた。
426200分配信 読売新聞

<おすすめ>
ラ・パルレ はこちら


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索