忍者ブログ
[22] [21] [20] [19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歴史

QOLに対する取り組みは医療の歴史とともに発展してきた。医療は人を見るものであり医学は病気を見るものだとする考え方があったが、医療も科学的側面が強くなり、「病気は治ったが患者は死んだ」という状態が問題となった。そのアンチテーゼとして医療の質を高める事を目的として、QOLと言う考え方が提唱されてきた。 QOLは極論すれば、「生命活動を行うに値する命」を重要とし、それ以外の命を否定する側面を持つ。

 

これに対し、従来よりSOLSanctuary of Life…生命の尊厳、と訳される)の概念が平行して存在しており、「人は受精した瞬間から人である」という概念を持ち、「生きるに値しない命はない」ことを主題とする。 そのため、たとえば人工中絶においては、SOLでは人工中絶を否定するが、QOLでは許容する。 また、たとえば植物状態に陥った人間に対しては、SOLでは生存させることを許容するが、QOLでは生存を否定する。 SOLQOLのこの種の対立はしばしば人権問題や生命倫理とも絡みながら議論されることがあり、医療関係者や専門家においても意見は分かれている。 歴史的にはSOLの概念がより古い。

 

QOLは、近年重要性を増してきている医療の目標のひとつである。がんをはじめとした疾患の治療において、従来は治療効果を測る基準が生存期間(5年生存率など)のみであった。死亡数を減らすことが重要なのには現在も変わりないが、生存期間の長さに加えて質も重要な治療効果であると考えるのが近年の流れである。

 

QOLが考慮される場面は様々であり、

 

治療法の選択(乳房を切除するか否かなど)

症状への対応(鎮痛など)

これらの状況でのQOLを定量的に評価する方法(感性制御技術など)や、治療法ごとのQOLへの影響の度合いが研究されている。

 

特に、治癒の期待できない終末期医療では生存期間を伸ばすことに大きな意義はなく、QOLの維持向上こそが治療の目的となる。特に、痛みなどの症状軽減を目的とした医療は緩和医療と呼ばれる。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

<おすすめ>

美容整形

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[11/27 出会い]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索